« 女子戦300倍当たりの予想解説 | トップページ | 合算確率の結果照合を追加 »

2014年3月23日 (日曜日)

予想実績で気づいたこと(ボートレース)

今日、ボートレースの予想成績で新発見をした。
本当は気づいてないといけないんだけど

去年、今年はまだ1戦だけど今年
SGで回収率が120%超えてる。...

で、G1で大損害を食ってる。大きな負け越し。

理由ははっきりしてて
SGはものすごくレースを限定してる。
賞金王を1個とすると、SGは8回。

12レース×6日間×8回=576レースのうち
参加レース数が
2012年 44レース(回収率89%)
2013年 33レース(回収率127%)
2014年 60レース中10レース(回収率142%)
(6日目は約100%)

SGは勝てる条件が全然整わなくて
条件が整ったところでいくとこのレース数になって
オッズがある程度あるレースを選んでるから
当たったときは利益が出て、回収率が高くなる。

今年レース数が増えたのは、合算確率システムを本格稼働したから。
チャンスレースが見つけやすくなった。

これをみると
いままでのいろんな仮説が合ってることが分かった。

|

« 女子戦300倍当たりの予想解説 | トップページ | 合算確率の結果照合を追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/59344046

この記事へのトラックバック一覧です: 予想実績で気づいたこと(ボートレース):

« 女子戦300倍当たりの予想解説 | トップページ | 合算確率の結果照合を追加 »