« 予想の方程式は移り変わるもの 4 | トップページ | 予想も流行のように循環する »

2012年11月 5日 (月曜日)

選手をいつ「発見」するか

メモリーボックスのサイトを使って
僕が一番優位に立っていることは

選手を早く「発見」できることです。


ふつうのファンには
勝率5点ならこのくらい
勝率6点ならこのくらい

という強さ、勝ちやすさのイメージがある。

メモリーボックスはそれとは全く関係なしに

選手を「発見」して予想に使う。

メモリーボックスでは
普通のファンが使ってる予想の軸をたたき折って
全然別の軸から予想ができる。


メモリーボックスの長所の一つが、

発見スピード

ということですね。

僕の友達が、鎌倉が1点台のときに
「この選手のターン上手い」
と発見して、いまあの強い鎌倉ですが
メモリーボックスでは発見できなかった。

発見負けすることもあるんですが

メモリーボックスでも1点台での発見を目指してるし
たいていの若手女子は1点台のときに発見して
かなり高配当とってます。

これにかからなかった女子は、今記憶にあるのは平山だけ。
存在を知った時には4点台だった。

新鋭でもいいのを発見してますよ。

|

« 予想の方程式は移り変わるもの 4 | トップページ | 予想も流行のように循環する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/56050522

この記事へのトラックバック一覧です: 選手をいつ「発見」するか:

« 予想の方程式は移り変わるもの 4 | トップページ | 予想も流行のように循環する »