« 選手をいつ「発見」するか | トップページ | 予想の方程式は移り変わるもの 5 »

2012年11月 6日 (火曜日)

予想も流行のように循環する

最近のJLCで放送され始めた

選手同士の対戦表

あれ、僕がボートレース始めたころのマクールにありました。
特集した選手と、一般的に強い選手との対戦表。

先月号が手元にないので、今のことを明確にいえないんですが
確か一時期はなくなってたはず。

ボートレースの競技特性を考えると

対戦成績はほとんど意味がない。

対戦成績をつけることはできるけど

ボートレースで選手が対等の立場で戦うことは絶対ないんです。

枠が違って、それに伴ってコースが変わる。
その時点でかなりの有利不利が出てるんです。

5コース同士で戦うことすら絶対にない。

ボートレースは出走表から導かれる位置取りしだいなんです。

マクールから一時期対戦表が消えてて
いまあらわれたとすれば

予想も循環してて、その時その時で
「これがいい」
というのが服や車や趣味の流行のように、ぐるぐる回ってる。

その予想の流行の流れがある中で
それに乗っかって一番流行っているものをやっていくのか
己の力で切り開いていくのか。

パリミューチュアル型のオッズを使っているボートレースは
(かけられた金額を配分してオッズが決まる方式のこと)
流行に乗るということはオッズが安いということなんです。

この道を選ぶと、後は的中率をがんばるしかない。

メモリーボックスのシステムは当然これにも使えます。

でも僕自身は、高配当型で予想しているわけです。

|

« 選手をいつ「発見」するか | トップページ | 予想の方程式は移り変わるもの 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/56055545

この記事へのトラックバック一覧です: 予想も流行のように循環する:

» 競艇最強投資術!万舟も2万舟も的中済み! [競艇最強投資術!万舟も2万舟も的中済み!]
「当てる」ではなく、「当たる」をモットー [続きを読む]

受信: 2012年11月 9日 (金曜日) 14:12

« 選手をいつ「発見」するか | トップページ | 予想の方程式は移り変わるもの 5 »