« 女子王座1日目 予想 | トップページ | 1,2,3コースまくられ率、1,2,3着率データ検索 »

2012年3月 8日 (木曜日)

コース1,2,3着率とまくられ指数による解析

○コース1,2,3着率とまくられ指数による解析について
解析画面を最初に開いたとき
全部の検索条件が0~100なので、それが全1データの状態です。
 
全コースのコース1着率が
1コース41%、2コース17%、3コース15%、4コース15%、5コース8%、6コース4%
(3/8 21時までのデータ)になっています。
これがインが強くなった、などといわれてる、普通のコース1着率です。
ここで検索条件を
1着コース=1
1コースまくられ指数=70~100
にすると、まくられやすい1コースのときの解析ということで
1コース1着率が26%に低下し、2,3,4コースの1着率が上昇しています。
 
この条件に
2コース1着率=20~100%
を追加すると、2コースで勝ちやすい選手のデータになるので
2コース1着率が37%に上昇し、1,3,4コースの1着率が低下します。
それでも1コース1着率がまだ23%あることがわかります。
また、その条件で1コース1着の時の2着になるコースの確率が2つ目の表
一番右の3つ目の表は2コース1着の時、2着になるコースの確率の表です。
 
これをみると、1コースがちょっとくらい弱くても1着率は25%前後あって
1コースがちょっとくらい弱くなっても6コースの1着率は変わらない
など、数字を読むとわかります。
 
ここまでが一般的な大枠での使い方。
 
さらに具体的にレースに落とすと
今予想しているレースの数値を当てはめると
 
その予想の実現しやすさがわかります。
 
イン逃げ率60%、まくられ指数30の選手が1コースだとすると
1コース1着率を50から70%として
まくられ指数が0~35くらいで検索すると
1コース1着率が61%
 
この条件に
2コース1着率30%、3コース1着率20%を追加すると
1コース1着率が42%に低下します
 
そうすると、このレースは
イン逃げ率60%のレースから40%のレースに変化するわけです。
 
1コース選手のイン逃げ率だけで語るのではなく
2コース、3コースの数字との関係で「実イン逃げ率」がわかります
 

|

« 女子王座1日目 予想 | トップページ | 1,2,3コースまくられ率、1,2,3着率データ検索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/54172957

この記事へのトラックバック一覧です: コース1,2,3着率とまくられ指数による解析:

« 女子王座1日目 予想 | トップページ | 1,2,3コースまくられ率、1,2,3着率データ検索 »