« 選手解説の基本になる考え方 | トップページ | 正月レースはあんまりデータがあてになりません »

2010年12月26日 (日曜日)

どんなときに解説がつくか

レースでスタートから遅れて、一番後ろをずっと走ってたら、その選手には解説がつきません。

おそらくデータベースのスタートタイミングなどでわかるから。

松井繁がイン逃げしても、やっぱりコメントはつきません。

データどおりの強さだから。

◎解説するのは「すばらしい!」か「なんでそっちに?」というのがあったとき。

たとえば2着争いをしているとき。

追いかけている選手には、まくるか差すか、とにかく前の艇がいないコースを走ってほしいのに、着順確定の動きで前の艇のすぐ後ろを走ったら

「着順を守りにいった」

とする。

この選手はレースを乱さないと考えられる。

ターンマーク際を差して直進すれば前の艇に追いつけそうなのに、外に開いて差しにいった選手には

「開いて差しにいく」

とする。

この選手は自分より内枠に強い選手がいてちょっと先行されたら、すぐ3等を固めてしまうと考えられる。

とにかく先マイするタイプの選手は、特に一般戦の普通のレースではたまたまでも上位に残りやすい。

先マイしない選手は、着順予想でマイナス0.5着のイメージで2,3着候補でも、他の候補より軽視する。

道中でまくり連発なら「ひたすらまくり」、差し連発なら「ひたすら差し」として、その選手が道中でどのような動きをしやすいかを解説する。

◎選手解説に何も書いてない選手は、

強すぎてたいてい合理的な走りをしているか、

弱すぎていつも後ろのほうでテレビに映らないか、特徴がないか。

このサイトの進展によっては他の解説もありうるんだけど、それはまだ将来の話。

|

« 選手解説の基本になる考え方 | トップページ | 正月レースはあんまりデータがあてになりません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/50407424

この記事へのトラックバック一覧です: どんなときに解説がつくか:

« 選手解説の基本になる考え方 | トップページ | 正月レースはあんまりデータがあてになりません »