« JLC青山登のマラソン放送 | トップページ | 公営競技に「古きよき時代」はない »

2010年6月 3日 (木曜日)

物じゃなくて気持ちが届かなきゃダメなんだよ

競艇 若松の開会式。若松みたいな田舎で、東京でやるような流しの握手会をやってる。ばかげてる。

以前からブログでも書いてるけど、今の競艇は開会式といっても人の数が大したことない。だからある程度売れてるタレントと同じような進行は必要ない。

代理店から「タレントさんも同じようにやってますよ」って提案されて、競艇場はOKしちゃいけないんだよ。規模も状況も違うんだから。

今の競艇の開会式は、整然と進行してるけどただそれだけ。競艇は開会式だけでいえばドサまわりのタレントくらいの集客しかない。だからもっと雑然としていいんだ。 

くだらない物品を投げて、それと引き換えにこれまた物品のサインと引き換え。物を届けるんじゃなくて、気持ちの動きを届ける。それが本当のいいイベント。

人の心を動かすことより、単にスタンプカードのように握手した回数を増やして、物を渡すことに熱心になってもしょうがない。それはもっと人気が出てからの対応。

今はもっと人の気持ちに近いところにいなきゃだめなんだ、競艇は。まだマイナーなんだから。

|

« JLC青山登のマラソン放送 | トップページ | 公営競技に「古きよき時代」はない »

コメント

私は以下の検索をまず使います。

・1号艇 勝率6.00以下 1コース1着率40%以上
・1号艇 勝率全部   1コース1着率10%以下

これである程度の数が出てきたら

・枠なりになるかどうか
を判断して
(枠なりじゃないレースはこの機能は使えない)

上の検索の場合
他艇と比較して勝ちそうなら、勝負候補にします。

下の検索の場合
・2,3号艇が勝てそうか
・2,3号艇がへこみそうか

を検索で調べて
勝ちそうなら勝負候補にします。
へこみそうなら4号艇の1着で勝負候補にします。

そのあと実際のオッズを見て、ある程度高ければ買い、安ければやめます。

私は大昔の競艇を知りませんから、基本的にイン絶対主義です。
インがどうなるかの検索をしています。

そのうち複数艇の比較機能をつけるので、もうすこしやりやすくなります。

投稿: こんどう | 2010年6月10日 (木曜日) 13:55

度々スミマセン。
本場でしか買わない場合はよいのですがネットで買う場合はさすがに全選手のデータを見切れません。
新たに搭載された機能で絞る場合はどのように決められていますか?
その他の決め方があるならば近藤さんの日々のスタンスを教えてください。
宜しくお願いいたします。

投稿: 弾丸モンキー | 2010年6月10日 (木曜日) 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/48532426

この記事へのトラックバック一覧です: 物じゃなくて気持ちが届かなきゃダメなんだよ:

« JLC青山登のマラソン放送 | トップページ | 公営競技に「古きよき時代」はない »