« 多摩川女子リーグの開会式に行った(2005/05/10 11:58 PM作成) | トップページ | なんでそんなに進入争いが好きなんだ?(2005/07/18 10:03 PM作成) »

2006年6月11日 (日曜日)

競艇場は退屈(2005/07/11 11:35 PM作成)

舟券学園体験記でも近日中に触れることになるが
僕は競艇場に行くのは嫌いだ。

競艇友達と競艇するために競艇場に行くけれど、友達がいなかったら行きたくない。
僕は野球人だけれど、友達がいなかったら野球場も行きたくない。

理由は、退屈だから。

競艇、野球、サッカー、なんでもいいが、現場に行ったが最後、もうそれしかない。
どんなスポーツ競技でも
「あんまり意味がない時間」のほうが
「意味がある時間」よりも遙かに長い。
だからスポーツ競技は応援している”暇がある”し、ウエーブでもやっていなければ退屈してしまう。

「展示航走は大事だ、展示を見るのに邪魔だから、客は展示の間はうろうろするな」
と主張しているような人たちは競艇場での時間は充実しているだろう。

でも僕は前日までに予想が終わっている。
あとはただマークシートに書き写すだけ。1R前に1日分の舟券全部買ってもいい。

競艇のレースは30分に1回。勝負が続いているのは最初の30秒。
単純にいうと30分のうち29分はすることがないわけだ。
競艇場の1日6時間のうち、5時間40分はすることがないの。

競艇のレースを3分に1回やればいい、というのではない。
レースとレースの間の30分を、競艇のレースで埋める必要はない。

いまのSGスペシャルプログラムのように、おもしろい話で埋めてくれればいい。
他の楽しみを提供しなければ。

優木まおみのトークショーは、毎レース10分づつやってほしいのであって
集中して20分やられても、他のレースが退屈だ。

屋台を出すのはいいことだが、毎レース10分づつ何かを食べるわけにはいかない。
毎レースごとに、暇な10~15分を埋める遊びを提案できれば、競艇場はいい遊び場になる。

|

« 多摩川女子リーグの開会式に行った(2005/05/10 11:58 PM作成) | トップページ | なんでそんなに進入争いが好きなんだ?(2005/07/18 10:03 PM作成) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/10476189

この記事へのトラックバック一覧です: 競艇場は退屈(2005/07/11 11:35 PM作成):

« 多摩川女子リーグの開会式に行った(2005/05/10 11:58 PM作成) | トップページ | なんでそんなに進入争いが好きなんだ?(2005/07/18 10:03 PM作成) »