« 人は若さにひかれてしまう(2005/04/12 11:37 PM作成) | トップページ | マイナー競技ファンの習性(2005/04/16 09:53 PM作成) »

2006年6月11日 (日曜日)

本当に公営競技場にコンビニはいらないか(2005/04/14 09:03 PM)

2大競艇雑誌の1つ、競艇マクール2005年4月号に「競艇構造改革3」という特集がある。
構造改革という特集が3回も組まれているほど、競艇界は悩んでいる。

僕は2005年春に放映される、スカパーJLC競艇チャンネルで、同種の企画に出演した。

たまたまこの番組の収録日直前がマクール発売日だったので、よく読んだ。

このマクールの特集は、話のネタが満載だった。
いくつか引っかかったところを選んで、コメントを書いていく。

今回のネタは、競艇場にコンビニは必要か?

たぶん、競艇マニアにとってはコンビニは重要ではない。
マニアになればなるほど、レースの充実の方向に目が向く。

でも僕にとっては、コンビニはものすごく必要。
正確に表現すると
「コンビニよりも遙かに劣る現状の店のかわりに、普通のコンビニを入れろ」

近年コンビニや、マック、吉野屋などのファストフード店が拡大していく場所には共通点がある。
それは、既存の施設があまりにも悪すぎるところだ。

学校、駅、病院などには、ものすごく程度の悪い店があった。
みんなそこに行くしかないから、その店に行っていた。

僕は出張が多かったビジネスマンとして、いつも思っていた。
「駅には妙に高くてまずい駅弁と、種類の少ないお菓子がキオスクで売っている。駅から簡単に出られないと思って、ひどい物売りつけやがって」

前にあった店があまりにも悪すぎたから、普通のことをするにすぎないコンビニやマックが入ると、みんなが喜んだ。

競艇雑誌の旅打ち記事で、いろいろほめていることがある。
でもそれは「競艇場の中でいいもの」にすぎない。世の中でいいものではない。

既存の競艇場の店よりも、ほとんどの点でコンビニが勝っている。
既存店に価値があるとすれば、公営ギャンブル場にある特殊なジャンクフードだけだ。

それなら、ジャンクフード店+コンビニの店舗構成がいい。

トイレのことでも書いたが、世の中の基準で最低限のインフラ整備は絶対に必要だ。

そうでなければ
「競艇も好き」
という僕のような人間や、
「モンキーターン読んだ」
というレベルの人間には耐えられない。

|

« 人は若さにひかれてしまう(2005/04/12 11:37 PM作成) | トップページ | マイナー競技ファンの習性(2005/04/16 09:53 PM作成) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46537/10476067

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に公営競技場にコンビニはいらないか(2005/04/14 09:03 PM):

« 人は若さにひかれてしまう(2005/04/12 11:37 PM作成) | トップページ | マイナー競技ファンの習性(2005/04/16 09:53 PM作成) »